×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ソーラー電波 時計

ソーラー電波時計の仕組み 標準電波とは?

電波とソーラーを使ったもの代表的な物と言えばソーラー電波時計です。究極の時計と言われるソーラー電波時計の秘密を探ってみたいと思います。
電波時計は時計のケースやバンドに内蔵された超高性能なアンテナで標準電波を受信して、正確な時間を表示するのが電波時計です。電波時計の標準電波は福島県のおおたかどや山から発信されています。標準電波は、佐賀県のはがね山標準電波送信所と福島県のおおたかどや山標準電波送信所とから発信される正確な時刻情報(日本標準時)は発信されています。この長波標準時は「セシウムビーム型原子周波数標準器」等により制御されています。条件の良いときは、送信所からおよそ1,000km離れた場所でも、受信することができます。 スゴイですよね〜♪
電波の受信範囲は条件によって違ってきますがおおよそ1000Km。西日本地域は60kz(九州局)東日本地域は40kz(福島局)を受信が基本になっています。標準電波は天候や地形、建物、電波などに影響を受けます。したがって標準電波を受信しにくい場所が存在します。

 

人気のソーラー電波時計の激安価格でゲットするのには通販利用がお勧めです。自宅に居ながら人気商品の最安値情報を調べることも簡単にできます。

 

 

 





⇒ ソーラー電波時の激安、送料無料店を探す




 

 

ソーラー発電とは

ソーラー発電は太陽電池を利用し、太陽光のエネルギーを直接的に電力に変換する発電方式のことです。ソーラー発電は電池交換や給電線を不要なので、利便性向上やコスト削減を図ることができて現在使われているものに電卓、腕時計、道路標識、庭園灯、街路灯、駐車券発行機。また他からの電力供給が難しいもしくは不可能な場所のエネルギー源として海洋や山岳地帯の観測機器、人工衛星、宇宙ステーション、離島、送電網の未熟な地域など利用されています。
ソーラー発電の仕組みは太陽電池素子そのものをセル(cell)に素子中の電子に光エネルギーを吸収させ、光起電力効果によって直接的に電気エネルギーに変換します。
パッシブソーラーは、昼間にたくわえた太陽熱を夜の暖房に利用したり夜間の涼しい空気で日中の暑さを和らげたりできます。パッシブソーラーには代表例としてダイレクトゲインやトロンブ壁やグリーンハウス型などがあります。アクティブソーラーシステムは太陽熱を取り込むのに動力を使って機械的に行うシステムでパッシブソーラーは、コストの割にその効果が高いことが知られ、省エネ、地球温暖化対策として注目されています。

ソーラー発電とは

時計の究極の製品といえるのがソーラー電波時計ですが、それまでの時計の精度の常識を覆したともいえます。ソーラー電波時計の精度というのは時刻情報に「セシウム原子時計」を使っているので、およそ10万年に1秒の誤差という超高精度を保っています。10万年に1秒というのは誤差がない時計といっても過言ではありせんよね。つまり日常で時刻の誤差がない時計ということなんです。
ソーラー電波時計は光を電気エネルギーに変え、標準電波を受信して自動で時間を調整します。ソーラー電波時計の利点は標準電波を受信して正確な時刻を表示する「電波修正機能」です。そして駆動のエネルギーは太陽や蛍光灯などの光を電気エネルギーに換えて蓄え、駆動させるので電池交換が不要というのが大変便利です。
ソーラー電波時計は腕時計や置時計にも利用されています。お値段もお手ごろ価格からあるので時間の誤差が気になる方や時刻を調整するのが面倒、乾電池を取り替えるのが面倒と感じる方にはお勧めです。

お勧めサイト